性格や声の大きさの違いが交渉力の決定的差ではないことを教えてやる!(交渉動画その1)

【1】性格や声の大きさの違いが交渉力の決定的差ではないことを教えてやる!(交渉動画 その1)


日常生活は交渉の連続です。
人が生きていく上で、「交渉」から逃げることはできません。
ですので、交渉がうまいか、下手かによって、人生の充実度が大きく変わってきます。

ところが、交渉は非常に難しいものです。
強気に押せば決裂するかも知れませんし、譲りすぎれば食い物にされてしまいます。

交渉する力の強さは、先天的な性格や声の大きさによって決まるものではありません。
理論立てて学習し、実践と反省を続けていけば、必ず上達させることのできる「技術」です。

こちらの動画のシリーズでは、「ハーバード流交渉術」をベースとした交渉の技術を皆さんにお伝えしたいと思います。

この「ハーバード流交渉術」のコンセプトは、次のようなものです。
つまり、「交渉とは単純な対立関係(パイの奪い合い)ではなく、情報を交換することによって当時者双方の利益を最大化することができる。
双方の利益を最大化させた上で、パイを分け合えば、双方にとって良い結論を導き出すことができる」というものとなっています。
いわゆる「Win-Win」の関係です。

この動画シリーズでは、交渉のやり方についての考え方について、10回にわたって解説していきます。

(結論)
「交渉は努力次第でうまくなる!」
「具体的にはハーバード流交渉学をマスターせよ」

(本動画の参考書籍)
『ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!』
https://amzn.to/2Ze3Vje
まさに原点にして頂点。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする