時間を制する者は交渉を制する./交渉中の心得・完結篇(交渉動画その8)

交渉中の心得 ・期限に注意 期限を意識してしまうと交渉がおろそかになってしまいガチです。 ところがその期限は絶対に守らなければならないものかどうかを突き詰めて考えてみると、実はもっと期限を延長できることがあります。 締め切りに注意して交渉に臨みましょう。 ・譲歩の仕方について 譲歩の幅がまちまちになると、相手に対して誤ったメッセージを送ってしまうおそれがあるのでご注意ください。 ・嘘について 交渉中、苦しくなっても絶対に嘘をついてはいけません。 嘘はあなたの信用を著しく傷つけるからです。

バルコニーに上がれ!/交渉中の心得・中篇(交渉動画その7)

強いネガティブな感情は、視野を狭め、創造的なアイデアを生み出すことを阻んでしまいます。 交渉中、自分の姿をバルコニーの上から見るかのように俯瞰することで感情をコントロールする方法をご紹介します。 ・深呼吸 ・小休止、場合によっては日を改める ・脈を測る ことで、自分を客観視しましょう。 ※ものすごく腹が立ったときには、唇をかみましょう。  下唇ではなく、上唇を。  上唇をかむと、チンパンジーのような顔になり、怒っていたことが馬鹿馬鹿しくなり、笑えてきます。  是非お試しください。

相手の話を聞け!/交渉中の心得・前篇(交渉動画その6)

交渉相手も「血の通った人間」。 そして交渉は、相手方が「Yes」と言って初めて成立するもの。 なので、交渉中であっても相手を尊重しなければなりません。 具体的には相手の話をよく聞くこと。 相手の言葉をおうむ返しにする、要約するなどして、傾聴してください。 また事前に想定していた準備と、実際の相手の言動が一致しない場合には、準備していたシナリオの方を修正しなければなりません。

営業のバイブル『影響力の武器』(交渉動画その5)

人間はあらゆることについて、深く考える時間も余裕もないので、普段はあまり深く考えずに反射的に反応してしまいます。 その陥りやすいパターンのうち、特に重要なものをピックアップしたのが、『影響力の武器』という書籍です。 ・返報性(恩義)=受けた恩を返そうとする心理 ・一貫性(整合性)=Yesと言ってしまうと、その発言に心が縛られてしまうという心理 :フット・イン・ザ・ドア ・社会的証明=皆の評価に引きずられてしまう心理 ・好意=好意を持った相手の言うことを聞いてしまう心理 ・権威=専門家の言うことを鵜呑みにしてしまう心理 ・希少性(限定)=量や時間が限られているものを重要と感じてしまう心理

Win-Winとか言う奇麗事はいいから!(交渉動画その4)

知らないと損する交渉のテクニックをご紹介。 テクニックを知ってさえいれば、相手のテクニックを無力化できます。 つまり、この動画が何を言いたいのかと言いますと、 「1 ドア・イン・ザ・フェイス  2 フット・イン・ザ・ドア  3 グッドコップ・バッドコップ には気を付けろ!」 ということです。